薬に頼らなくてもうつ病は治せる?再発を予防できる?

ご存知のとおり、うつ病は非常に再発しやすい病気です。そういう私も、2度も再発させています。

 

「今後うつ病の薬は飲みたくない」と思っている私ですが、うつ病が再発したらそんな悠長ことも言ってられないかもしれません。うつ病の症状がひどくなると自殺衝動も出てきますし、とても耐えられない苦しみです。

 

なんとか、薬を飲まずにうつ病が予防・改善する方法はないのでしょうか?

 

薬以外のうつ病治療として良く知られているのは、カウンセリングや認知行動療法ですね。うつ病の人は物事を悲観的にとらえることが多いので、そういう考え方そのものを変えていくという手法です。

 

ただ、これらの手法は、非常に時間がかかります。うつ病の再発予防として気長に取り組むには良いのですが、うつ病の初期症状が出た時点で実践を初めても、うつ病悪化を食い止めるのは難しいのではないでしょうか。

 

また、カウンセリングや認知行動療法を保険適用で行ってくれる病院も意外に少ないです。私の場合も、近くにそういう治療をしてくれる病院がなかったため、一度も治療を受けたことがありません。

 

認知行動療法については、多くの本が出版されており、自分一人でも取り組むことができます。しかし自分一人で行うと、考え方のズレを修正してくれる人がいないので、あまり効果が出なかったり挫折しやすいのも事実です。

 

スポンサーリンク

新しい「薬を使わないうつ病治療」とは

最近、まったく新しい「薬を使わないうつ病治療」が出てきているようです。それは、食事とサプリメントで脳内のセロトニン量を増やす方法です。

 

うつ病は脳内でセロトニンが欠乏して起こると言われていますが、実は食事とサプリメントで、セロトニンを増やすことができます。具体的には、セロトニンの原料となるたんぱく質や、セロトニンを合成するのに必要なビタミン・ミネラル・アミノ酸などの栄養素を食事やサプリメントでたっぷりと摂取します。

 

この治療を行っている病院も少ないですがちゃんとあり、有名なのは「新宿溝口クリニック」という病院です(ただし、処方される高品質サプリに保険がきかないため、治療費は大変高額です)。

 

しかし、最近はたくさんの種類の高品質サプリが市販でも手に入るようになったので、病院に行かずとも市販のサプリを利用して自分で取り組むことができます。

 

 

次のページ>>うつ病がサプリメントで改善?

スポンサーリンク